ここから本文です

デ・ロッシ新キャプテンが新シーズンへの意気込み語る「トッティにはなれないが……」

7/24(月) 12:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「これまでとは全く別のチームになる」

「トッティが去るのに、僕まで去るわけにはいかない」と言って、ローマ残留を決めたイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、新シーズンへの意気込みなどを明かした。

2000-01シーズン以来、17年ぶりのスクデット獲得を目指すローマ。フランチェスコ・トッティが現役を引退したことで、昨季も彼が不在時に腕章を巻いていたデ・ロッシが、新シーズンからはチームのキャプテンを務める。

新キャプテンとしてデ・ロッシは、長きにわたり一緒にプレイしてきた『ローマの王子』の意思を受け継ぐことになったが、インタビューで「僕は常にトッティを見てきたけど、彼になることは不可能だ」とコメント。伊『calciomercato』など、複数メディアが伝えている。

ただ「我々は(トッティが作り上げてきたものの)上に立たなければならない。彼も新しいことに直面するだろうしね。彼なしでは、これまでと全く別のチームになる。でも、なんら問題のないことだよ。前に進むだけだからね」とも語った。

さらに「プレシーズンは重要なものになるだろう。ユヴェントスにはなんの弱点もないし、彼らを倒すのは決して容易ではないからね。ナポリはどうかって? ユヴェントスが優勝できなかった場合、僕たちがそれを成し遂げるチームになりたいね」と話している。

はたして、デ・ロッシ新キャプテン率いるローマは、新シーズンでタイトルを獲得することができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/