ここから本文です

ついに大詰め第88回都市対抗野球、パ・リーグを盛り上げる社会人出身選手

7/24(月) 9:11配信

Full-Count

24日から準決勝、ベスト4はNTT東日本、東芝、日本通運、三菱日立PS

 7月14日に開幕した「第88回都市対抗野球大会」。毎年社会人野球の名門チームが黒獅子旗をめぐって熱戦を繰り広げる今大会は、ついに佳境を迎え、7月24日に準決勝が行われる。ベスト4に進出したのは、NTT東日本、東芝、日本通運、三菱日立パワーシステムズである。

【動画】驚異的なスピードと正確無比な送球! 西武・源田の好プレー集

 オリックスの山岡投手(東京ガス)や埼玉西武の源田選手(トヨタ自動車)のように、NPBで活躍する社会人出身の選手も、過去のこの大会に数多く出場していた。そこで今回は、パ・リーグの支配下選手のうち、今年の本選に出場した32チームのいずれかで実績を残し、現在はNPBへと活躍の場を移した選手について見ていこう。

【北海道日本ハム】
武田投手:日本通運
石井裕投手:三菱重工横浜硬式野球クラブ(現・三菱日立パワーシステムズ)
増井投手:東芝
浦野投手:セガサミー
新垣投手:東芝

 北海道日本ハムには、以上の5選手が在籍している。昨季先発として10勝、抑えとして10セーブをマークし、チームの日本一に大きく貢献した増井投手は、今季31試合に登板して14セーブを挙げている。出身の東芝は都市対抗優勝回数歴代2位を誇る名門で、今大会の準々決勝でJR東日本を破りベスト4進出を決めた。増井投手の後輩にあたる新垣投手は、2012年の第83回都市対抗で準々決勝まで進出。現・オリックスの吉田一投手を擁するJR東日本に敗れたが、大会優秀選手に選ばれている。

【楽天】
美馬投手:東京ガス
石橋投手:Honda
武藤投手:JR北海道(現・JR北海道硬式野球クラブ)
濱矢投手:Honda鈴鹿
足立選手:パナソニック

 現在首位を走る楽天には5選手が在籍する。先発3本柱の1人としてチームの快進撃を支える美馬投手は東京ガス出身で、オリックスのゴールデンルーキー・山岡投手の先輩にあたる。今大会の東京ガスは7月21日に西濃運輸に敗れ、8強入りは叶わなかった。昨季、ルーキーながら嶋選手の離脱中に正捕手を務めた足立選手は、2015年の第86回都市対抗に大阪ガスの補強選手として出場。準々決勝のJR東日本東北戦でサヨナラ弾を放った。現・オリックスの近藤投手、現・千葉ロッテの酒居投手とバッテリーを組むなど、攻守でチームの準優勝に貢献している。

1/2ページ

最終更新:7/24(月) 9:11
Full-Count

スポーツナビ 野球情報