ここから本文です

ネイマール、パリ行き決定か SNS上では「家族を最も優先する」とも語る

7/24(月) 14:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

渡仏に合意?

世界を翻弄するネイマール騒動も、いよいよエンディングへと近づいているのかもしれない。アメリカの大手スポーツメディアが、世紀のビッグディールは遂に締結されたと報じている。

米『ESPN』は「バルセロナのスター、ネイマールがパリ・サンジェルマンに対し、移籍を願っていることを伝え、契約面においても合意に達した」と報道。PSG側の関係者が伝えた内容として、ネイマールの父親は年俸39億円の4年契約を締結し、天文学的な移籍金が誕生することになると綴っている。また、SNS上では同メディアによる合意報道に対し、「これは素晴らしいニュースだ」「もうメッシの陰に隠れるのは辞めてロナウジーニョのようにPSGの伝説になれ」「違うチームで活躍する姿が見たい」といった反応が寄せられた。

ネイマールのパリ行きに関しては、とりわけ彼の父親であるネイマール・サントス・シニアの意向が強いとされており、同選手も自身のSNSアカウントで22日に「Family first(家族を最も優先する)」との意味深なツイートを投稿。もちろんこれが自身の去就に関するものかは不透明だが、バルセロニスタが連日の報道に不安を覚えているにも関わらず、ネイマール本人がメディアに向けて一切のコメントを出していないことはサポーターにとっては気がかりと言えるだろう。

2013年の加入以降、その魅力的なプレイにより、カンプノウに多くの喝采をもたらしてきたネイマール。果たして彼の未来はフランスにあるのだろうか。今後の展開に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報