ここから本文です

ランボルギーニ、2017年上半期の販売台数2091台へ増加

7/24(月) 17:21配信

オートックワン

ランボルギーニは、2017年上半期に世界新車販売台数をさらに伸ばした。合計2091台がカスタマーに販売され、2016年同期比で4%以上の増加となる。

>>ランボルギーニに写真を見る

「ウラカン」が市場に投入されて3年、2017年上半期の販売台数は1400台(+2%)に達し、今年の6月には、ウラカンはわずか3年で8000台の生産も達成した。2017年1月から6月までに、カスタマーに販売された「アヴェンタドール」は691台(+7%)に達している。

今後、数週間内で達成する予定の生産台数7000台という数字が、この成功を強調している。サンタアガタ・ボロネーゼの拠点拡大SUV「ウルス」の2018年販売開始に備えて、生産施設を8万平方メートルから16万平方メートルに拡張中である。

ウルス・プロジェクトのための従業員採用2017年6月、ウルス・プロジェクトのため、新たに正社員400名の採用を実施した。6月末の時点での従業員数は1500名となり、過去10年間で従業員数が倍増した。

ランボルギーニ会長兼CEOのステファノ・ドメニカリは次のように述べている。

「私たちのプロジェクトの成功は、長年、従業員とその専門能力開発に投資してきたことと密接に結び付いています。情熱、才能、スキルこそが、私たちのようにユニークで並外れた車を作ることを可能にする要素なのです。」

最終更新:7/24(月) 17:21
オートックワン