ここから本文です

新生ミランの爆発力に早くも驚愕 大敗喫したバイエルンCEO「我々のチームは完全に死んでいた」

7/24(月) 19:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

0-4の結果には「非常に驚かされた」

22日にインターナショナルチャンピオンズカップが行われ、復活を目指すACミランとドイツの絶対王者バイエルン・ミュンヘンが相見えた。

試合は、14分に挙げたフランク・ケシエのゴールを皮切りに、90分間通して4ゴールを奪ったミラン。バイエルンを相手に4ー0の完封勝利を収めている。

試合から一夜明けて、バイエルンのCEOを務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏がインタビューに応じ、ミラン戦について語った。伊『PIANETA MILAN』などが伝えている。

「非常に驚かされたよ。昨日の試合ではチームに疲労が見て取れたが、我々のチームは完全に死んでいたね。0-4で負けたんだから良いわけがないし、満足からはほど遠いよ」

プレシーズンマッチではあるものの、新生ミランに大敗を喫したバイエルン。リーグ開幕戦までにはしっかりとコンディションを上げたいところだ。一方、ミランは積極補強を行った新チームの爆発力が早くも見て取れた。この勢いで新シーズンは『ミラン旋風』を巻き起こすことができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報