ここから本文です

【MLB】ヤンキース1A+加藤豪将が5番先発で5戦連続安打 その間の打率.400と好調

7/24(月) 14:51配信

Full-Count

2打数1安打2四球1盗塁で勝利に貢献、シーズン打率は.277に

 ヤンキース傘下1A+タンパの加藤豪将内野手が23日(日本時間24日)のツインズ傘下フォートマイヤーズ戦に「5番・一塁」で先発し、5試合連続安打となるセンター前ヒットを放った。この試合は2打数1安打2四球1盗塁で勝利に貢献した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 3試合ぶりにクリーンナップで先発した加藤は初回、味方の2ランで先制した直後の2死走者なしで打席へ。センター前ヒットを放つと、すかさず二盗に成功。チャンスを作ったが、6番パルマは三飛に倒れて得点にはつながらなかった。

 3回は2死一塁で一ゴロ。4-0となって迎えた5回は2死から四球を選ぶも、後続が倒れた。加藤は5-0となった7回2死一塁の場面で、2打席連続の四球。すると、今度はパルマがレフトへのタイムリーを放ち、タンパが6点目を奪った。

 チームはその裏に2点を返されたものの、6-2で快勝。タンパは前期優勝を果たしたが、後期も18勝11敗の勝率.621と好調を維持しており、2位に1.5ゲーム差の地区首位。加藤は主にクリーンナップを務め、内野のほぼすべてを守るなどチームを牽引している。

 これで3度のマルチヒットを含む5試合連続安打。その間は20打数8安打3四球の打率.400で、4打点3得点と結果を残している。シーズン打率も.277で、出塁率は.378となっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/24(月) 14:51
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ