ここから本文です

仙台市長に野党共闘候補が当選

7/24(月) 8:20配信

ホウドウキョク

任期満了にともなう宮城・仙台市長選挙は、23日、投開票が行われ、野党各党からの支持・支援を受けた、無所属で新人の郡 和子氏(60)が初当選を果たした。
仙台市長選挙には、いずれも無所属で新人の4人が立候補したが、郡 和子氏が16万5,000票余りを獲得して、自民などの支持を受けた菅原裕典氏に1万6,000票以上の差をつけ、初当選を果たした。
民進、社民、共産、自由など、野党各党からの支持・支援を受けた郡氏が当選したことは、国政で安倍政権が加計学園問題などで追及を受け、政権支持率が大幅に下落していた流れの影響も考えられ、安倍首相の政権運営に厳しい見方が示されたともいえそう。

画像つきで記事をみる

仙台放送/FNN

最終更新:7/24(月) 8:20
ホウドウキョク