ここから本文です

仙台市長選敗北「国政に影響なし」

7/24(月) 17:23配信

ホウドウキョク

「結果が直ちに国政に影響を与えるとは思っていない」と述べた。
菅官房長官は「仙台市の抱える課題を争点とする、地方選挙であったと思っています。そうした結果が直ちに国政に影響を与える、このようには思っておりません」と述べた。
菅官房長官は、23日に投票が行われ、与野党対決の構図となった仙台市長選挙で、民進党などが支援した候補が当選し、自民党などが支援した候補が敗れたことについて、「極めて残念だ」と述べた。
敗北の理由については、「仙台市のリーダーを誰にするかという問題について、地域の皆さんが選択した結果だ」としたうえで、「選挙に敗れるということは、それなりの敗因があるわけなので、党でしっかり分析して、次の選挙に向かっていくことができればと思っている」と述べた。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/24(月) 17:23
ホウドウキョク