ここから本文です

高市総務相が「テレワーク」視察

7/24(月) 17:38配信

ホウドウキョク

高市総務相は、総務省内の「テレワーク・デー」の取り組みを視察し、職員の状況などを確認した。
総務省は、職場と結んだ自宅などで働く「テレワーク」の一斉実施を提唱していて、高市総務相は、「テレワーク中」の札が多くの机に置かれ、がらんとしたフロアを訪ね、出勤している職員らに、次回は交代でテレワークを行うよう、声をかけた。
また、東京都内の自宅で執務中の総務省職員や、地方で勤務中の協力民間企業の社員らとテレビ会議を行い、「快適で能率が上がる」などの報告を聞いた。
高市総務相は会見で、把握している全国での参加者が、およそ900団体・6万人にのぼり、総務省でも、霞が関で最大規模となる900人以上の職員が、テレワークに参加しているとしたうえで、今後も、継続的に取り組んでいく考えを示した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/24(月) 17:38
ホウドウキョク