ここから本文です

警視庁と海保がオリンピックに備えテロ対処訓練

7/24(月) 21:35配信

ホウドウキョク

2020年の東京オリンピック開幕まで3年となる24日、水上競技の開催が予定されている東京湾岸エリアで、警視庁は、海上保安庁と合同でテロを想定した訓練を行った。
訓練は、カヌーやボートの水上競技が予定されている、東京・江東区にある「海の森水上競技場」付近で、不審船に乗ったテロリストが上陸したという想定で行われた。
現場に到着した警備犬が、不審な男を制圧し、その後、発見された爆発物を機動隊員が回収する手順が確認された。
東京湾岸署・宮崎 勉署長は「われわれはもう3年しかないという意識でございますので、オリンピックを成功させるために努力していきたい」と話した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/24(月) 21:35
ホウドウキョク