ここから本文です

かねひでにカインズ、飲食店も うるま市に商業施設 2018年春開業

7/24(月) 6:15配信

沖縄タイムス

 不動産開発を手掛けるASAKA(那覇市、高野哲朗代表)は、2018年春にうるま市豊原に複合型商業施設「ABLO(アブロ)うるま」を開業する。

 敷地面積約4万平方メートルで、ホームセンターのカインズホームやタウンプラザかねひでをキーテナントに11店舗が入居する。

 18日、地鎮祭を開き、工事の安全を祈願した。高野代表は「地主会を結成して着工までに3年かかった。うるま市の活性化につながる施設にしたい」と述べた。

 テナントは、回転すし店やとんかつ店といった飲食店のほか、衣料品販売、フィットネスクラブ、保育園などが入居を予定している。

最終更新:7/24(月) 7:45
沖縄タイムス