ここから本文です

辺野古新基地:抗議の座り込みを強制排除 「K1」護岸付近で消波ブロック製造

7/24(月) 12:55配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では24日午前7時半ごろから、新基地建設に反対する市民ら約20人が座り込み、基地内へ建設資材を入れないよう監視活動を行った。

 同8時50分ごろ、ミキサー車や大型クレーン車など約20台、同11時には砕石を積んだダンプカー7台がそれぞれゲート内に入った。進入時には約20人の機動隊員が、ゲート前に座り込む市民ら約30人を強制的に排除した。

 海上では辺野古崎西側の「K1」護岸付近で、沖縄防衛局が消波ブロックを製造している様子が確認された。正午までに、埋め立て作業は確認されていない。

最終更新:7/24(月) 12:55
沖縄タイムス