ここから本文です

“ドツボにハマった”結果の連続失点…MF原輝綺「守備のスイッチが入らなかった」

7/24(月) 8:19配信

ゲキサカ

[7.23 AFC U-23選手権予選第3戦 U-20日本 1-2 U-22中国]

 引き分けで十分だった。しかし、中国に前半だけで2点を先行されたU-20日本代表は、反撃を1点に抑え込まれると1-2の敗戦を喫して首位通過を逃した。

 ボランチの位置で先発出場したMF原輝綺(新潟)は、「前半はうまくゲームを運べなかった」と振り返る。ボールこそ保持するものの効果的な攻撃を繰り出せず、カウンターから危機を招く場面もあった。失点こそ防いでいたが、前半終盤に試合を動かされてしまう。致命的だったのは、前半40分に先制点を奪われたこと以上に、同アディショナルタイムに2失点目を喫して後半を迎えたことだろう。

 原も2失点目が「痛かった」と語る。「前半を1失点で抑えていれば、最低良かった。だけど、失点して慌ててしまい守備のスイッチが入らず、最後の最後で隙を突かれてしまった。ドツボにハマった結果で、連続して失点しないことが大事だと改めて感じた」。

 今大会、U-20代表で参戦した日本に対し、中国はU-22代表で出場。18歳の原からすれば「4つ上くらい」の選手との対戦となり、経験値の差も感じたようだ。「フィジカル的にもスピードも全然上だったし、サッカーを知っているというか戦い方がうまかった」。だが、年齢の違いはあろうとも、感じた差は埋めていかなければならない。「アジアでも、これだけ差があるというのが見えた。そこをベースに練習からやっていかないと自分は成長していかない」と悔しさを成長へとつなげていこうとしている。

最終更新:7/24(月) 8:26
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合