ここから本文です

【特集】安くてお手軽?キャンピングカーが人気 使い方もさまざま

7/24(月) 15:30配信

毎日放送

梅雨も明け、子どもが夏休みに入りいよいよ旅行シーズン到来です。交通機関で移動してホテルに泊まる旅行もいいですが、一度はキャンピングカーに憧れたことがあるという方も多いのではないでしょうか。しかし、大型のキャンピングカーは内装が豪華で水回りやエアコンなども完備している半面、価格は600万から1000万円ほどと非常に高価なため、なかなか手が届きにくいというのが現実です。そうしたなか、安くてお手軽なキャンピングカーが登場して人気を集めています。

寝られたらいい

「近年、車を横に止めてキャンプすることができるオートキャンプ場が各地で増えているということなんですが、淡路島でもみなさんキャンプを楽しんでいますね」(山中真アナウンサー)

淡路島にあるオートキャンプ場(ウェスネスパーク五色)。水道や電源を備え1泊4110円から利用することができ、週末はたいへん賑わっています。

Q.きょうはどちらからお見えですか?
「大阪の吹田です」
Q.キャンプはよく来られる?
「大好きですね」

早速出会ったのは、大阪から来た原口さん家族です。

Q.一番の楽しみ、キャンプの魅力は?
「いつも忙しい都会から離れて自然の中で暮らす」(原口裕次さん)
Q.きょうはお休みはどちらで?
「車中泊です」
Q.車ですか?3人寝られるんですか?
「中がベッドになっているので」

原口さんの車は一見普通のワゴンタイプですが、後部座席がフラットベッドになる仕様になっていて、実はいまこうした車中泊に特化したキャンピングカーがよく売れているそうです。

「家族3人息があって。みんな操作できるんですね。広い!」(山中真アナウンサー)
「そうなんです」(原口裕次さん)
「結構広いですね!暑くもないんですか?」
「全部網戸にできるんですよね」(妻・千秋さん)

さらには網戸までついていて、夏の夜でも快適です。

Q.キャンピングカーへの憧れも?
「ありました。でも、水回りはどこに行ってもあるのでいらない。ということは寝られたらいい」(原口裕次さん)
Q.奥様もありました?
「あるんですが、これ以上車体が大きくなると、小回りが(利かない)。買い物に(困る)。これまでが普段動けるサイズの一家に一台というかんじですね」(妻・千秋さん)

1/3ページ

最終更新:8/2(水) 16:25
毎日放送