ここから本文です

【中国】馬雲氏がアフリカ訪問、起業ファンド創設

7/25(火) 11:30配信

NNA

 浙江省に本拠を置く電子商取引(EC)中国最大手、阿里巴巴集団(アリババ)の創業者、馬雲(ジャック・マー)会長は21日、訪問先のルワンダで、アフリカの青年による起業を支援する投資ファンドを創設すると表明した。チャイナ・デーリーなどが伝えた。
 馬会長のアフリカ訪問は初めて。ファンドは馬会長が個人の資金を拠出した「馬雲公益基金会(ジャック・マー・ファウンデーション)」が創設するもので、1,000万米ドル(約11億円)規模となる。
 馬会長は現地でのアフリカ青年サミットに出席後、記者団に対し、「今回のアフリカ訪問で、多くの起業家が良いアイデアを持っているのを目にした」と述べた上で、「アフリカに対する信頼を示したい。ファンド創設を通じ、アフリカの若者が夢や理念をかなえるのを助けたい」と強調した。
 これに先立ち、馬会長は20日にはケニアのナイロビ大学を訪れ、アフリカの青年企業家500人との交流会を開いた。

最終更新:7/25(火) 11:30
NNA