ここから本文です

駐車場内での自動走行サービス、メルセデス博物館が2018年から開始

7/25(火) 7:30配信

レスポンス

ダイムラーとボッシュは7月24日、自動駐車回送サービス(自動バレーサービス)を開始すると発表、デモンストレーションを行った。

画像:メルセデス博物館の自動駐車サービス

このサービスを導入するのは、ドイツ・シュトゥットガルトのメルセデスベンツ博物館の駐車場。スマートフォンからの指令に応じて、車内の運転者不在で走行し、割り当てられた駐車スペースに自動的に駐車する。

メルセデスベンツの車両技術と連携して、ボッシュの駐車場インフラによって、自動駐車が可能になった。駐車場に設置されたセンサーは、走行ルートとその周辺を監視し、車両を操縦。車両に搭載された技術は、駐車場のインフラからの命令に応答して、安全な運転操作を実行し、必要なときに車を停止させる。

メカニズムとサービスの詳細は発表されていないが、専用車両によるレンタカーを想定しているようだ。車両は、利用者の待つピックアップエリアまで自動的にやってきて、そこから旅行に出かける。戻ってきたらドロップオフエリアに車両を止めて降りれば、自動的に駐車スペースまで走っていく。自動運転によって利用者は時間を節約でき、また同じ面積の駐車場で20%多い台数を止められるという。

サービスの開始は2018年初頭からを予定。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/25(火) 7:30
レスポンス