ここから本文です

スピルバーグがVR世界を描いた最新作「レディ・プレイヤー・ワン(原題)」予告編公開

7/25(火) 17:21配信

CDジャーナル

 巨匠スティーブン・スピルバーグがバーチャルリアリティの世界を描いた最新監督作「レディ・プレイヤー・ワン(原題)」が2018年に全国でロードショー。本作の予告編がYouTubeにて公開されています。

 アーネスト・クラインのベストセラー「ゲームウォーズ」を実写化した本作は、世界中の人々がアクセスする仮想ネットワークシステム“オアシス”を舞台にしたSF大作。主人公の高校生“ウェイド”をタイ・シェリダンが演じています。

 予告編は、現地時間7月22日にアメリカ・サンディエゴで開催された〈サンディエゴ・コミコン・インターナショナル〉にて初公開されました。映像では、ウェイドがバーチャルリアリティの世界へ飛び込み、スピーディーなアクションを展開する様子が切り取られているほか、『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガー、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン、『アイアン・ジャイアント』のタイトルキャラクターなども登場しています。

最終更新:7/25(火) 17:21
CDジャーナル