ここから本文です

【ボクシング】八重樫東、四階級制覇か引退か「内山先輩の結論を見てから」

7/25(火) 13:11配信

イーファイト

 7月25日(火)神奈川の大橋ジムにて、世界三階級制覇王者・八重樫東(34=大橋ジム)が囲み取材に応じ、自らの進退について語った。

【フォト】5月、メリンドに1RでTKO負けを喫した八重樫

 八重樫は5月21日、IBF世界ライトフライ級王座3度目の防衛戦でミラン・メリンド(フィリピン)に1R2分45秒、TKOで敗れて王座を失った。

 その悔しさから翌日に練習を再開したが、「時間が経つにつれて悔しさが薄れるとともにモチベーションも薄れてきて、もう一度やれるのかとの疑問が湧いてきてジムに足が向かなくなった」という。

 約1カ月間、ボクシングに関することは何もしない期間が続いたが、「身体作りはしたいと思って」と先週からフィジカルトレーニングを開始。それでもジムでのボクシングの練習はまだ再開していない。

 大橋秀行会長からは「復帰するなら四階級制覇。一発勝負でもそれしかない」との話があり、八重樫も「スーパーフライ級仕様の身体を作ってみたい。僕のキャリアは挑戦ばかりだったので、最後に会長がそういう挑戦を作っていただけるなら…。どこまでも挑戦するのが僕のスタイル」と、四階級制覇に挑戦したいとの気持ちがある。

 しかし同時に、大橋会長からは「復帰に関しては慎重に話したい。止めるのも私の仕事なので」と引退を勧める選択肢もあるとのこと。これに八重樫も「身体が一番なので壊れないうちに引退するのが家族のためでもある。(メリンドに敗れて)初めて“もういいかな”とも思ったので。しっかりと冷静に考えたい」とした。

 また、八重樫は「内山(高志=元WBA世界スーパーフェザー級王者)先輩をお手本にしてきて、先輩の背中を見てきたので先輩の結論を見てから自分の気持ちも含めて考えたい。内山先輩が引退ならそれを受け止めて結論を出したい」と、内山の進退も参考にしたいという。

「試合をするには覚悟が必要。その覚悟を作れるかどうかを会長と話して決めたい。ダメージがあるなら引退と思っているところもあったので。年末までまだ時間があるので、じっくりと考えて答えを出します」と、八重樫は慎重に進退を決めたいと語った。

最終更新:7/25(火) 13:11
イーファイト