ここから本文です

次代AKBエースにも影響与える欅坂46平手友梨奈の“圧倒的オーラ”

7/25(火) 11:02配信

東スポWeb

 人気アイドルグループ「欅坂46」が23日、山梨・富士急ハイランドで初野外ワンマンライブを開催し、前日(22日)と2日間合計で2万5000人のファンを熱狂させた。

 副キャプテンの守屋茜(19)は「私の嫌いな言葉は『敗北』。この夏のどこのライブにも負けたくないし、最高のライブにしましょう」と絶叫。ダブルアンコールでは、センターの平手友梨奈(16)が「今年は、欅坂初の全国ツアーがあります。全国のみなさんに欅坂のパワーを届けたい」と、19日に発売した初アルバム「真っ白なものは汚したくなる」収録曲の「危なっかしい計画」を初披露した。

 欅坂46といえば、昨年4月に「サイレント――」でメジャーデビューし、女性アーティストのデビューシングル初週売り上げとして歴代1位を樹立。デビュー8か月で「NHK紅白歌合戦」への初出場も成し遂げた。

 計4枚のシングルも1位を獲得。そのすべてでセンターを務める平手は、圧倒的な存在感で他のアイドルのパフォーマンスの意識に大きな影響を与えているという。

「ユーチューブに公開されているデビュー曲『サイレント――』のMVは再生回数6800万回を突破。普段はあどけない16歳らしいアイドルの平手ですが、パフォーマンスではクールでカッコいい表情に変貌する。人を引きつける圧倒的なオーラは多くの人気アイドルも参考にしている」(出版関係者)

 事実、次世代センターとして期待されるAKB久保怜音(13)は本紙に「平手さんは表現力がすごいので意識もするし参考にしている。平手さんの目力を見て、目で人に伝える力が変わるんだなと知ってから、私も大切にしています」と明かしている。

 平手が欅坂をけん引することになりそうだ。

最終更新:7/25(火) 11:33
東スポWeb