ここから本文です

新静岡セノバ改装 シップスが新規出店へ

7/25(火) 8:05配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡鉄道と静鉄プロパティマネジメントは24日、静岡市葵区の大型商業施設「新静岡セノバ」の改装計画を発表した。テナント全体の4割以上を段階的に入れ替える。誘致テナントの目玉は、若者に人気のセレクトショップ「シップス」。高感度のファッションを強化し周辺の大型店や郊外ショッピングセンターとのすみ分けを明確にする。

 改装は8月末から2018年3月下旬にかけて、3期に分けて実施する。シップスは第3期開業の3月下旬にオープン予定。2階に配し、「ビームス」などが入って集客力が高い1階との回遊性向上を図る。計画全体では、地下1階~地上5階で県内初出店を含め約30店舗が新規オープンする。既存テナントの移転・改装も約30店舗を予定している。

 第3期開業では、地元で活躍する次世代経営者の発掘・育成を狙った事業「起業のつばさプロジェクト」で選ばれたオーガニック食品店など3店舗も開店する。セノバで働くスタッフを対象にした事業所内保育所「セノバ保育園」の開設は18年4月。近隣ビルに整備し、働き手不足の緩和を目指す。

静岡新聞社