ここから本文です

〝プロ人材〟をマッチング 沖縄への転職を仲介 那覇の派遣会社と東京のベンチャーが提携

7/25(火) 10:14配信

琉球新報

 人材派遣センターオキナワ(那覇市、西泰郎社長)は24日、人材紹介ビジネスを手掛ける東京のベンチャー企業、グルーヴス(池見幸浩社長)との業務提携を発表した。グルーヴスの求人情報流通システム「クラウドエージェント」を活用し、上場ノウハウを持つ財務責任者やエンジニアなど高い能力・技術を持つ県外のプロ人材を、県内企業への転職に結び付ける仲介サービスを開始する。


 好調な県経済を背景に企業の採用難が強まる中で、人手(労働力)の不足だけでなく、経営の多角化や事業承継を任せられる「経営基盤人材」を求める県内企業に、地域を超えた人材の紹介を行う。友好会社の琉球銀行も提携して顧客企業の採用希望を仲介し、銀行のコンサルティング力のアピールにつなげる。

 グルーヴスが運営する「クラウドエージェント」は採用会社の求人票をシステム上に公開し、転職希望者を抱える人材紹介会社などとのマッチングを図る。現在、人材紹介会社約450社、転職コンサルタント約千人が利用している。

 24日の提携会見で西社長は、人材派遣センターオキナワの派遣人数がリーマンショック前に400人程度だったのが、前年度には250人まで減少している状況を説明。「正社員採用の紹介業務にも力を入れて今後の収益確保につなげる。自前や県内で確保することが難しい高度人材のマッチングを図る」と語った。

 池見社長は「県内流動でなく、大きな視野で県外から優秀な人を連れてくる。働き方改革やQOL(生活の質)といった大きな変革期の中で、沖縄はさまざまな可能性ある」と述べた。

琉球新報社

最終更新:7/25(火) 10:14
琉球新報