ここから本文です

兵庫県立美術館で「怖い絵」展 中野京子さん著書10周年記念で /兵庫

7/25(火) 10:37配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1、TEL 078-262-0901)で7月22日、「恐怖」をキーワードに西洋絵画を紹介する特別展「怖い絵」展が始まった。(神戸経済新聞)

鏡の中に自分自身を映して女王キルケーとツーショットも

 2007年、ドイツ文学者の中野京子さんが西洋美術史に登場するさまざまな名画の魅力を読み解く著書として出版した「怖い絵」。ベストセラーとなった同書の第1巻刊行から10周年を記念して同展を開く。

 中野さんがシリーズで取り上げた作品を筆頭に、近世から近代にかけてのヨーロッパ各国で描かれた「恐怖」を主題とする膨大な絵画の中から油彩画と版画の傑作を選び出し、神話、怪物、異界、現実、風景、歴史といったテーマに分けて展示。視覚的に直接怖さが伝わるものや歴史的背景やシチュエーションを知ることによって初めて怖さが発生するものなど、約80点の作品を紹介する。

 会場では、初来日となる英ナショナル・ギャラリーの代表作品でポール・ドラローシュの縦2.5メートル×幅3メートルの大作「レディ・ジェーン・グレイの処刑」をはじめ、ハーバート・ジェイムズ・ドレイパーの「オデュッセウスとセイレーン」、ウィリアム・ホガースの「ジン横丁(『ビール街とジン横丁』より)」など、「怖い絵」シリーズで紹介された作品も中野さん特別監修の下、展示する。

 音声ガイドのナビゲーターは女優の吉田羊さんが務める。エントランスホールでは、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの「オデュッセウスに杯を差し出すキルケー」の鏡の中に自分自身を映して、女王キルケーとツーショット撮影ができるスポットも用意。8月20日(14時~、約90分、聴講無料)はミュージアムホールで中野さんの記念講演会も予定する。

 同館の蓑豊館長は「中野さんの著書は絵画から歴史的背景などを学ぶことができる内容になっており、これまでと違った切り口で西洋絵画を紹介する展覧会だと思う」と話す。「ヨーロッパにいるような気分になる会場なので、夏休みに現地へ行けなくてもヨーロッパを感じていただけるのでは」とも。

 開館時間は10時~18時(金曜・土曜は20時まで)。入場は閉館の30分前まで。月曜休館(9月18日は開館)。入場料は、一般=1,400円、大学生=1,000円、70歳以上=700円、高校生以下無料。9月18日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク