ここから本文です

ずっと見ていたいアートなフィギュア大集合。写真特集「メディコム・トイ エキシビション '17」【怪獣からスヌーピーまで】

7/25(火) 17:08配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■とりあえずフィギュアをオシャレに飾ってみたい人は必見です。

アーティスティックなフィギュアを数多く手がけるメディコム・トイによる、毎年恒例の最新ラインナップ展示会。その15回目となった「MEDICOM TOY EXHIBITION '17」が東京・表参道ヒルズにて開催中です。

【詳細】他の写真はこちら

同社の最新商品はもちろん、販売終了商品のアーカイブ展示まで、フィギュアを中心とした各種アイテムがずらりと展示された本イベント。その中でも「仮面ライダー」のフィギュアをクローズアップした先日の記事に続いて、今回はまさに何でもありの写真大特集。ゲームキャラ、怪獣ソフビ、ロックスター、そして「ベアブリック」などなど、メディコム・トイならではのラインナップを一気にお見せします。

掲載商品多数につき個別の詳細は割愛しますが、気になるアイテムはメディコム・トイWebサイトでご確認を。また「ぜひ現物をチェックしたい!」という方は2017年7月27日(木)まで連日開催のイベント会場へ足を運んでみてください。

■「REAL ACTION HEROES」(RAH)シリーズ

全高300mmクラスの高級アクションフィギュア「REAL ACTION HEROES」。本物感あふれる造形と布製のコスチューム、数多くのギミック、そしてビッグスケールで、同社のハイエンドに位置するシリーズです。今回の展示では、発売中の「ダフト・パンク」や「ファレル・ウィリアムス」のほか、現在監修中の「アレックス」(「時計じかけのオレンジ」より)の姿も。

■「MAFEX」シリーズ

全高160mmクラスのスタンダード・アクションフィギュアが「MAFEX」(マフェックス)。スター・ウォーズやアメコミのヒーローたちを中心に、コレクション性の高い精密フィギュアが展開されています。こちらの新顔としては、「鉄腕アトム」(監修中/展示品では未塗装)が登場。

■「ULTRA DETAIL FIGURE」&「BE@RBRICK」

日本のアニメ・コミック・ゲームキャラを中心に幅広いラインナップを誇るお手頃フィギュア、「ULTRA DETAIL FIGURE」。また、クマ+ブロックトイがモチーフの「BE@RBRICK」(ベアブリック)はメディコム・トイを代表するブランドとして非常に有名ですね。

■ソフビ関連アイテム

リアル造形のフィギュアとは一線を画するのがソフビ(ソフトビニールフィギュア)。グロかわいい怪獣・怪人ものを中心に、コレクターにはたまらないラインナップが大集合です。

■「ドラえもん」&藤子・F・不二雄関連アイテム

最新ラインナップを中心に展示する今回のイベントですが、過去商品のアーカイブも集めたコーナーも一部用意されています。そのひとつが「ドラえもん」&藤子・F・不二雄関連展示で、膨大なフィギュアを博物館のごとく鑑賞して楽しむことができました。

■スヌーピー(PEANUTS)関連アイテム

アーカイブ系展示、もうひとつの目玉はスヌーピー(PEANUTS)です。こちらも新作が多数ありつつ、歴代のフィギュアやぬいぐるみが山ほどあり見応え抜群。現在のかたちに至るまで変遷してきた、スヌーピーの歴代ビジュアルもフィギュアでくまなく再現されているのがわかります。

■そのほか

いわゆるフィギュアのシリーズもの以外にも魅力的な展示は多く、特に筆者の目を引いたのは忌野清志郎さんを特集するコーナー。7人の写真家とのコラボによる忌野清志郎Tシャツ(このうちのいくつかは会場内でも販売)のほか、“ザ・タイマーズ”の特設コーナーには有名な「ZERRYヘルメット」(実物、展示のみ)も。各種アパレルも充実しており、毎度ながらメディコム・トイの懐の広さを感じられるイベントでした……。

取材・文/柳 雄大

『MEDICOM TOY EXHIBITION '17』
会場:スペース オー[表参道ヒルズ 本館地下 3F]
場所:東京都渋谷区神宮前4-12-10
期間:2017年7月22日(土)~2017年7月27日(木) ※会期中無休
開場時間:11:00~21:00(日曜は20:00まで) ※入場は閉場の30分前まで
入場料:一般300円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ