ここから本文です

憧れのネスタのように…ボヌッチ「これからはミランのことだけを考える」

7/25(火) 14:46配信

ISM

 今夏にユヴェントスからミランへ移籍したDFレオナルド・ボヌッチが、決断の理由を語り、元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ氏に憧れていたと述べた。

 ボヌッチはこの夏、推定4200万ユーロ(約54億6000万円)でミランへ加入。セリエA6連覇中の王者から、大型補強を行なっているとはいえチャンピオンズリーグ出場権のないミランへの移籍は、今夏のマーケットで最も驚きを提供したディールの1つになった。

 ボヌッチはクラブ公式チャンネルの『Milan TV』で、7シーズン過ごした古巣について、「あるグループに7年いれば、失われるものもある」「ユヴェントスでは情熱的な7年を過ごし、僕はクラブに多くのものを捧げたし、その逆もまた然りだ」とコメント。

 30歳のイタリア代表はまた、「昨シーズンの終盤、双方からこの絆が少しずつ弱まっていった。だから、別々の道を歩むことになる運命だったんだ。僕は幸運にも、ミランからオファーをもらった。これからは、ミランのことだけを考えるよ」と移籍の経緯について語り、新天地でのプレーへ気持ちを切り替えた。

 現在世界最高峰のCBと評価されるボヌッチは、少年時代に憧れた1人のネスタ氏が歩んだ道を辿り、「サン・シーロ」でプレーすることに喜びを覚えているようだ。「僕が子どもの頃にミランでプレーしていた選手は、レジェンドだ。彼らが勝ち取ったものや、そのサッカーという点でね。その後、ネスタが僕のアイドルになり、僕はDFになったんだ」と、ミランの黄金期を支えたネスタに感銘を受けたと語っている。

最終更新:7/25(火) 14:46
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合