ここから本文です

マライア・キャリーの人生を基にした新ドラマ製作

7/25(火) 15:22配信

シネマトゥデイ

 米歌手マライア・キャリーの人生を基にした新ドラマが、米ケーブル局Starzで製作されるとDeadlineが報じた。

【写真】うんざり!?マライアと破局した年下ダンサー

 タイトル未定の同ドラマは、1986年のニューヨークからスタート。シンガーソングライターを目指す16歳のハーフの女の子が、困難な子供時代を生き抜き、世界で最も売れた女性アーティストになるまでを描くという。

 マライアはエグゼクティブプロデューサーを務め、脚本は映画『ドクター・ドリトル3』のニーナ・コールマンが執筆する。彼女はショーランナーと製作総指揮も務め、マライアの長年の友人ブレット・ラトナーもエグゼクティブプロデューサーに名を連ねるという。

 マライアは昨年、仕事や私生活に密着したリアリティー番組「マライアズ・ワールド(原題) / Mariah’s World」に出演。今年はラスベガスでの定期公演を再び行うほか、夏にはライオネル・リッチーと一緒に北米ツアーを行うことになっている。(澤田理沙)

最終更新:7/25(火) 15:22
シネマトゥデイ