ここから本文です

初の全国「打線に自信」 静岡のスポ少メンバー、知事に意気込み

7/25(火) 8:11配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 宮城県東松島市で8月3~6日に開かれる全国スポーツ少年団軟式野球交流大会に出場する静岡ベースボールボーイズスポーツ少年団(静岡市)の17人が24日、県庁を訪れ、川勝平太知事に大会への意気込みを語った。

 訪問したのは、和田裕二郎主将(市立西奈小6年)ら4~6年生。2005年創立の同少年団は今回、東海大会決勝で愛知県代表チームを破り、初の全国切符を手にした。

 チームは4番に座る和田主将を中心にした打力が持ち味。和田主将は「打線には自信がある。打ち勝つ野球で、点を取られても取り返したい」と力を込めた。同行した中込裕一団長は「県代表として正々堂々と戦いたい」とあいさつした。

 知事は「油断しなければ富士山のように日本一になれるはず。常に試合は全力で」とエールを送った。

静岡新聞社