ここから本文です

J・ビーバー、世界ツアーの残り日程中止 詳細説明せず

7/25(火) 9:39配信

ロイター

[ロサンゼルス 24日 ロイター] - ポップ歌手ジャスティン・ビーバー(23)は24日、世界ツアー「パーパス」の残りの日程をキャンセルした。「不測の事態」を理由としているが、具体的な説明はしていない。

ツアーの広報担当は声明で「ジャスティンはファンを愛しており失望させたくない」とした上で、「慎重に検討した結果、彼は残りの日程の中止を決定した」と発表した。

これにより、北米14公演のほか、10月10日までのアジア公演が中止される。チケットは払い戻しされる。

9月には来日公演も予定されていた。

「パーパス」ツアーは昨年3月に開始し、これまで欧州、アフリカ、南米、オーストラリア、一部アジアで150公演以上を行ってきた。

中国の北京市当局は数日前、ビーバーの素行不良を理由に同国での公演は適切でないとの見解を発表していた。ただ、具体的にどの行為に問題があったかは明らかにしなかった。

ビーバーはこれまで複数の国で当局ともめたことがあり、ここ数年は無分別な行動やスキャンダルが話題になっている。

最終更新:7/25(火) 9:39
ロイター