ここから本文です

2018年ピレリカレンダー、テーマは「不思議の国のアリス」…17人の黒人モデルを起用

7/25(火) 18:17配信

レスポンス

英国の写真家、ティム・ウォーカーが撮影した2018年ピレリカレンダー。彼がが選んだイメージテーマは「不思議の国のアリス」だった。

[関連写真]

贅沢に作り込んだセットによる幻想的でシュールな作風で知られるウォーカー。今回の撮影では、超現実的かつ夢の世界を思わせるイメージで、ルイス・キャロルの児童文学「不思議の国のアリス」を表現している。

ウォーカーは独自の世界観を持つ作品を制作するために、ファッション、音楽、映画、アンダーグラウンド・ラップの各界を代表する17人の黒人モデル達を起用。南スーダン出身の黒人モデル、ダッキー・ソットがアリス役を、米国の女優、ウーピー・ゴールドバーグが公爵夫人役を演じたほか、ジャイモン・フンスー、リル・ヨッティ、ルピタ・ニョンゴ、ナオミ・キャンベル、サッシャ・レーンらが登場する。

ピレリカレンダーで黒人モデルのみが起用されたのは、1987年にテレンス・ドノバンが、ワリス・ディリーと当時16歳だったナオミ・キャンベルなどを英国バースで撮影して以来となる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/26(水) 9:54
レスポンス