ここから本文です

原油先物は続伸、産油国がナイジェリア減産適用で合意

7/25(火) 10:30配信

ロイター

[東京 25日 ロイター] - 25日アジア時間朝方の原油先物は続伸している。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の主要産油国が24日、減産合意の適用を免除されているナイジェリアの産油量に上限を設けることで合意したことに加え、サウジアラビアが8月の同国原油輸出について前年を日量100万バレル程度下回る水準に制限する方針を示したことも原油相場を支援している。

25日0039GMT(日本時間午前9時39分)現在、北海ブレント先物(9月限)<LCOc1>は0.07ドル高の1バレル=48.67ドル。米原油先物<CLc1>は0.10ドル高の1バレル=46.44ドルをつけた。

最終更新:7/25(火) 10:30
ロイター