ここから本文です

ソフトバンク、配車アプリのGrabにDidi Chuxingと共に20億ドル出資へ

7/25(火) 12:20配信

ITmedia NEWS

 シンガポールの配車アプリ企業Grabは7月24日(現地時間)、ソフトバンクと中国Didi Chuxing(滴滴出行)から最大20億ドルを調達すると発表した。

【その他の画像】

 Grabは2012年創業の東南アジアでサービスを提供する配車アプリ企業。ソフトバンクは2014年にも2億5000万ドル出資している。

 Grabは東南アジアの7カ国、65都市でサービスを提供しており、アプリのダウンロード数は累計5000万本、同アプリを使った乗車は1日当たり約300件。

 ソフトバンクの孫正義社長は発表文で「Grabは非常にエキサイティングな企業だ。Grabとのパートナーシップを深め、同社の成長をサポートしていくことを楽しみにしている」と語った。

最終更新:7/25(火) 12:20
ITmedia NEWS