ここから本文です

神戸国際大付が関西学院下す 先発・岡野が公式戦初完封

7/25(火) 12:51配信

デイリースポーツ

 「高校野球兵庫大会・準々決勝、神戸国際大付1-0関西学院」(25日、ほっと神戸)

【写真】闘い終わってノーサイド…神戸国際大付と関西学院

 今春センバツに出場した神戸国際大付が、関西学院を下して準決勝進出を決めた。

 先発の岡野佑大投手(3年)が3安打で公式戦初完封。高校生活最後の夏に初めて背番号1を背負った右腕は、これで19回連続無失点となった。「相手に流れを渡さないように、先頭打者に気をつけた。チームに勢いをつける投球をしようと思っている。0点で抑えられてよかった」と振り返った。

 第1試合後には準決勝(27日、ウインク)の組み合わせ抽選が行われた。第1試合は明石商-育英と滝川二の勝者、第2試合は神戸国際大付-報徳学園と市西宮の勝者が対戦することが決まった。

スポーツナビ 野球情報