ここから本文です

ケンコバ&くみっきー 宝くじとビアガーデンのコラボに大満足

7/25(火) 17:05配信

東スポWeb

 大相撲の鳴戸親方(元大関琴欧洲=34)が25日、都内で行われた「ビアガーデンサマージャンボ」のオープニングイベントで一日店長を務めた。

 発売中の「サマージャンボ宝くじ」が全国5都市のビアガーデン会場とコラボした期間限定のイベントで、“ジャンボ”にちなんで角界で一番の長身となる202センチの鳴戸親方に一日店長として白羽の矢が立った。

 常日頃から「ちょこちょこ宝くじを買っている」そうで、これまでに10万円を当てたことがあるという。今回の「サマージャンボ宝くじ」は1等前後賞合わせて7億円となる。もし当たったら「一瞬で使います。全国に土俵を作って、小さい子供たちが相撲に触れ合えるようにしたい」と相撲普及への夢を語った。さらに「鳴戸部屋をもっと大きくしたい」と野望ものぞかせた。

 また、今回のイベントにはお笑いタレント・ケンドーコバヤシ(45)とモデル・舟山久美子(26)も参加。ケンコバは「ビールを飲みながら、当たったらどうするという話ができる最高の場所」と絶賛した。

最終更新:7/25(火) 17:17
東スポWeb