ここから本文です

「春の呪い」の小西明日翔、pixiv発表作「来世は他人がいい」が連載化

7/25(火) 14:41配信

コミックナタリー

「春の呪い」で知られる小西明日翔の新連載「来世は他人がいい」が、8月25日発売の次号月刊アフタヌーン10月号(講談社)にてスタートする。

【写真】月刊アフタヌーン9月号(他1枚)

「来世は他人がいい」は、小西が鉄男名義でpixivに発表していた作品。商業連載化にあたり、小西は自身のTwitterに「多少暴力表現が増えるかなという程度で、他は特に変わりません」と投稿した。本日7月25日発売の9月号に掲載された予告ページには、「女子高生がヤクザに嫁入りだ!!! 最悪な恋をはじめよう!」とキャッチコピーが。10月号には一挙2話、103ページで掲載される。なお月刊コミックZERO-SUM2015年9月号(一迅社)には、「来世は他人がいい」の番外編「二人は底辺」が発表された。