ここから本文です

ASKA、離婚発表から一夜明け「静かな朝」…励ましのコメントに「沁みました」

7/25(火) 11:07配信

スポーツ報知

 元アナウンサーの妻・洋子さんと6月に離婚したことを24日に発表した歌手のASKA(59)が25日、自身のブログを更新。「一夜、明けましたが、とても静かな朝を迎えることができています」と心境をつづった。

 ブログに多くのコメントが寄せられたことを受け、「今、皆さんから頂いたコメントを全て拝見させていただきました。沁みました…」と感謝。「一夜、明けましたが、とても静かな朝を迎えることができています」とし、「僕は、皆さんとのお約束を守れるよう、楽曲制作、そしてそれのリリースに向かっていくだけです」と決意をつづった。

 また、コメントの中にはASKAが14年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた際に一部で報じられた「妻が、病院の近くのホテルに、寝泊りをし、看病を続けていた」などのエピソードを「信じられているような内容のものがありました」とし、「妻は、『自分の努力を他人に見てもらおう』そういう人ではありません」と訴えた。

 CBC(中部日本放送)などでアナウンサーとして活躍していた洋子さんとASKAは1987年に結婚。1男1女をもうけ、今年4月に結婚30年を迎えていた。ASKAは24日のブログで「実は、先月。私たちは、別々の未来に向かって歩み始めました」と報告し、「妻は本当によくやってくれました。一般人でありながら、たくさん嫌なこと、悲しいことを乗り越えてくれました。今、振り返ると、耐えさせることの方が多かったのだと思います。地球何周分もの感謝があります」となとどつづっていた。

最終更新:7/26(水) 9:14
スポーツ報知