ここから本文です

昼間に厳しいMVNOサービス/今こそ輝く「デザインケータイ」

7/25(火) 20:34配信

ITmedia Mobile

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2017年7月10日から7月16日までのアクセスランキングを集計しました。

【「INFOBAR」のプロトタイプ「info.bar」】

 1位には、通信速度定点観測から「昼のMVNOは全て0~1Mbps台に 『格安SIM』17サービスの実効速度を比較(ドコモ回線6月編)」がランクインしました。

 MVNOサービス(いわゆる「格安SIM」)は、大手キャリア(MNO)との相互接続点(POI)における帯域(最大通信速度)の広さによって通信速度をを左右されます。帯域を広く取れば混雑時でも快適に通信できますが、確保するための料金をユーザーの月額料金に転嫁せざるを得なくなる可能性もあります。逆に、帯域を狭めにすればユーザーの月額料金を抑えられますが、混雑時の通信が不快極まりなくなる可能性もあります。

 帯域をどれだけ確保するかのさじ加減は難しいところですが、昼間でも“安定”して通信できるようになると良いと筆者は思っています。

 ランキングの6位には、石野純也のMobile Eyeから「政策やiPhoneの影響で変わったケータイの形 今こそ『au Design project』や『iida』が必要と思う理由」が入りました。

 「au Design project」や、その後継に当たる「iida」の端末は、非常に個性豊かでした。「板状」で「そっくり」な見た目のスマートフォンが多い今だからこそ、au Design projectやiidaのような突き抜けたコンセプトを持つデザイン端末にはニーズがあると筆者も思うのです。

 “お蔵入り”になった端末たちが何らかの形で日の目を見ることはあるのでしょうか……?

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2017年7月17日~2017年7月23日

1. 昼のMVNOは全て0~1Mbps台に 「格安SIM」17サービスの実効速度を比較(ドコモ回線6月編)
2. 総合ランキングにあのSIMフリースマホが驚きのランクイン
3. 2017年夏のスマホカメラ四天王「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「HUAWEI P10 Plus」「AQUOS R」徹底比較(人物編)
4. カードサイズのSIMフリー携帯電話「NichePhone-S」クラウドファンディングで先行販売
5. 提供から3日――auの「新プラン」の調子はどう?
6. 政策やiPhoneの影響で変わったケータイの形 今こそ「au Design project」や「iida」が必要と思う理由
7. auの新料金プランはどれだけお得? 従来プランと比較してみた
8. ドコモ、「確認措置(8日以内キャンセル)」を過去契約者も対象に受け付け
9. “スマホ修理アイドル”があなたのiPhoneを直します! ゲオの新施策
10. 格安SIMではなく大手キャリアを選ぶ理由は?

最終更新:7/25(火) 20:34
ITmedia Mobile