ここから本文です

イチローもやっていない月間打率5割越え挑戦アルテューベ

7/25(火) 15:52配信

スポーツ報知

◆フィリーズ4―13アストロズ(24日・シチズンズバンク・パーク)

 アストロズのホセ・アルテューベ内野手(26)が24日(日本時間25日)、敵地のフィリーズ戦で2本の二塁打含む4打数4安打3打点の大暴れ。前日のオリオールズ戦も4安打しており2試合連続4安打、それも8打数連続安打となった。今月は1日がノーヒットだけで自己最長の16試合連続安打。うちオールスター戦直前の5試合連続3安打に加え、4安打3試合を重ねるなど75打数38安打とついに月間打率は5割7厘となった。

 アルテューベは「自分は私の後ろを打つ選手に出来るだけチャンスをふくらまそうとしているだけ」と連日の猛打にも謙遜する。

 月間打率5割、実は10年連続200安打をマークしたマリナーズ時代のイチローでもやっていない記録。最高は年間262安打のメジャー新記録をマークした2004年8月の4割6分3厘(121打数56安打)だった。168センチの小兵で右打ちながら14年と16年に首位打者を獲得しているアルテューベ。ヤンキースのA・ジャッジ外野手の新人での三冠王なるかとの報道が出始めた7月になって一気に、3割6分5厘まで引き上げて独走態勢となってきた。

 今月残り6試合で“大台”をキープできるのか注目だ。なお、今季の敵地打率も4割3分3厘で統計のある1947年以降では歴代最高の数字を残している。

最終更新:7/25(火) 15:52
スポーツ報知