ここから本文です

西武・秋山が勝ち越し打 五回、3連打で3点リード奪う

7/25(火) 19:38配信

デイリースポーツ

 「西武-オリックス」(25日、メットライフドーム)

 西武・秋山が五回、勝ち越し打を放った。

 1-1の同点で迎えた五回、先頭の岡田が死球、金子侑の中前打で無死一、二塁とすると、秋山が右越えに強烈な一打。これが適時二塁打となって、1点を勝ち越すと、続く源田も左前への2点適時打を放ち、3連打で3点を奪った。

 オリックス先発のディクソンは今季3戦3敗と相性が悪かったが、打線が先発の十亀に3点のリードをプレゼントした。

スポーツナビ 野球情報