ここから本文です

入場者数水増し発表のJ2長崎に制裁金300万円とけん責処分

7/25(火) 18:41配信

スポーツ報知

 Jリーグは25日、入場者数を水増ししたとして、J2長崎に対して制裁金300万円とけん責処分を科すと発表した。長崎は2015年シーズン開幕から、17年シーズン第6節までのホーム試合全46試合中45試合において、入場者数を少なく見積もって約2万人上乗せしていた。入場者実数を発表すべきものを、運営関連スタッフや入場券を持たない無料観客などを入場者数に上乗せして発表していた。入場者数算定ルールに関する担当者の認識不足もあったという。この日、行われた理事会後会見に出席したJリーグの村井満チェアマンは「大変残念」と話した。

 長崎は今季開幕前後に、経営悪化によって役員が相次いで辞任。筆頭株主の通信販売大手ジャパネットホールディングスがクラブを子会社にすることで経営立て直し進めている。

 JリーグのクラブではJ1大宮が07~10年にホーム試合で入場者数を計11万人余り水増しして、2000万円の制裁金を科せられた。

最終更新:7/25(火) 18:41
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合