ここから本文です

【ヤクルト】リベロ、10打席目で来日初アーチ「少し自信がつきました」

7/25(火) 20:27配信

スポーツ報知

◆ヤクルト―中日(25日・神宮)

 ヤクルトの新外国人、カルロス・リベロ内野手(29)が、出場3試合目、通算10打席目でうれしい来日アーチを放った。

 1点リードの3回1死二塁。中日・吉見の外寄りのスライダーをジャストミート。打球は左中間最深部に飛び込んだ。

 今月8日に来日。イースタンに2試合出場しただけで1軍に呼ばれ、22日の阪神戦(神宮)でデビューした。初戦は4打数無安打に終わったが、チームの連敗は14でストップし、“福の神”となった。

 翌23日の同カードで初安打をマークしたものの、やはり実戦感覚のズレや日本特有の変化球攻めに戸惑いは隠せなかった。それでも中1日置いたこの日は、第1打席で左前打を放ち、勢いに乗って初アーチ。ベンチで真中監督やナインにハイタッチで迎えられた新助っ人は「いいスイングができた。初アーチはうれしい。少し自信がつきました」と、ホッとした表情を浮かべた。

最終更新:7/25(火) 20:32
スポーツ報知