ここから本文です

ミヤネ屋での浅野史郎氏発言に激怒の高須院長「提供降りるか。詫びを急いだほうがいいと思うけど…」

7/25(火) 22:11配信

スポーツ報知

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が、民進党の大西健介衆院議員(46)の国会答弁で名誉を傷つけられたとして、民進党と大西氏らに計1000万円の損害賠償を求めた訴訟に関連し、元宮城県知事の浅野史郎氏(69)に激怒のツイートを発信した。

【写真】閉廷後、東京地裁の前で取材に応じた高須克弥院長

 25日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)にコメンテーターとして出演した浅野氏。この問題に関し「名誉毀損(きそん)と言うのは、事実と違うことを提示して、名誉毀損(きそん)することだが、国会で言ったかどうかは別として、普通の修羅場で言ったとしても、これは真実を言ったんですよ。あるとすれば『この正直者』と怒るようなもの」と話した。

 大西氏は5月17日の衆院厚生労働委員会で美容外科の広告規制に触れ、「『イエス〇〇』と連呼するだけのCMなど、非常に陳腐なものが多く、患者が医療機関を選ぶ上で有用でない」と発言。高須氏側は大西氏が指すのは高須クリニックと推測することができ、名誉毀損にあたるとして提訴した。

 MCの宮根誠司キャスター(54)が「イエス〇〇という例えは良くない。悪徳にまとめられたのを怒っている」と指摘すると「イエス 高須クリニックって言ったってかまわない、そんなの名誉毀損じゃない」と話した。

 これに対し番組後、高須院長はツイッターで「明らかな名誉毀損です。いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します。」とツイートした。 共演者は驚いた様子を見せ、困った表情を浮かべるMCの宮根の言葉もBGMに消され、番組はそのまま天気予報に突入し終了した。

 高須院長はさらに「明日中猶予を与えます。詫びがなければ明後日提訴します。僕も老人だから老人だからと容赦しません。」さらに「ミヤネ屋の提供降りるか。詫びを急いだほうがいいと思うけど…」ともつぶやいた。

 

最終更新:7/25(火) 22:22
スポーツ報知