ここから本文です

【静岡】浜松商、2年連続準決勝で涙 延長14回で散る

7/26(水) 7:28配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権静岡大会 ▽準決勝 日大三島4x―3浜松商=延長14回=(25日・草薙球場)

 2000年以来17年ぶりの夏制覇を狙った浜松商は、日大三島に3時間36分の死闘の末、延長14回逆転サヨナラ負け。

 13回から再登板した背番号9の中山陣汰(3年)が、マウンドでひれ伏した。2点リードで迎えた14回。2死一、二塁から3連打を浴びた。「最後は力が入って内角を狙ったが、逆球になってしまった。何が何だが分からなかった」。古豪が昨年に続き、準決勝の壁に阻まれた。

最終更新:7/26(水) 11:17
スポーツ報知