ここから本文です

リンキン・パーク、C・ベニントンさんへ追悼メッセージ

7/25(火) 11:36配信

オリコン

 米・ロックバンドのリンキン・パークが25日、バンドの公式サイトで20日(現地時間)に亡くなったボーカル、チェスター・ベニントンさん(享年41)への追悼メッセージを掲載した。

【写真】チェスターさんを追悼したリンキン・パーク

 「親愛なるチェスター」と切り出したメッセージでは「僕達の胸は、張り裂けて壊れてしまった。何が起こったかを理解するにつれて、僕達のファミリー全員が、今も否認と悲嘆の衝撃の波に繰り返し襲われている」と悲しみを表現。

 また、「音楽を作り、パフォーマンスをするという僕達の情熱は、消えはしない。僕達がこの先、どんな道を歩むことになるかはまだ分らないけれど、僕達一人一人の人生が、君のおかげでずっと良いものになったことは、分っている」と今後の音楽活動へ意志を示すとともに「かけがえのない贈り物を、ありがとう。僕達は、君を心から愛している。そして、君がいなくて悲しくてたまらないよ」と呼びかけた。最後は「またいつか、僕達が君に会う日まで」と結ばれている。


■追悼メッセージの全文和訳
(※ワーナーミュージックジャパン公式サイトより)

親愛なるチェスターへ

僕達の胸は、張り裂けて壊れてしまった。何が起こったかを理解するにつれて、僕達のファミリー全員が、今も否認と悲嘆の衝撃の波に繰り返し襲われている。

君は、本当に沢山の人々に多大な影響を与えた。多分、君が気づいていたよりも、ずっと多くの人々に。この数日間、僕達は溢れんばかりの愛と支援を受け取っている。公でもプライベートでも、世界中の人々から。

タリンダと君の家族は、それに感謝している。そして、全世界の人達に、君が最高の夫で、最高の息子で、最高の父親であったことを知って欲しいと願っている。君の家族は、君なしでは、もう2度と完全な形になることはないだろう。

何年も先の君との未来を語っていた時、君が興奮する姿に、僕達も興奮させられた。君のいなくなった空間は、決して誰にも埋められないーー君がいる部屋にこだましていた、騒がしくて、面白くて、野心的で、創造的で、優しくて、寛大な声は、もう聞こえない。

僕達は、君を僕達から奪い去った苦悩が、常に問題の一部だったのだと、自分達に言い聞かせようとしている。結局のところ、僕達全員は、一番最初に君がそれらの苦悩について歌う様を見て、君に恋をしたのだから。

君は、怖れずにそれを表に出して見せてくれた。そして、そうすることによって、僕達を一つに結びつけ、より人間的になることを僕達に教えてくれた。君は最高に大きな心の持ち主で、その大きな心を、どうにかして僕達に見せてくれていた。

音楽を作り、パフォーマンスをするという僕達の情熱は、消えはしない。僕達がこの先、どんな道を歩むことになるかはまだ分らないけれど、僕達一人一人の人生が、君のおかげでずっと良いものになったことは、分っている。かけがえのない贈り物を、ありがとう。僕達は、君を心から愛している。そして、君がいなくて悲しくてたまらないよ。

またいつか、僕達が君に会う日まで。

最終更新:7/25(火) 18:56
オリコン