ここから本文です

オペラ、映画音楽 華麗に 樋口さん(二本松出身)白羽さん(福島出身)熱演

7/25(火) 9:01配信

福島民報

 福島民報創刊125周年記念事業のコンサート「華麗なる劇音楽 福島ver.」は24日、福島市音楽堂で開かれ福島県内出身の2人が洗練された歌声で約800人の聴衆をさまざまな音楽の世界へいざなった。
 福島民報社の主催。大七酒造の特別協賛。オペラ歌手の樋口達哉さん(二本松市出身)と元宝塚歌劇団娘役トップで女優の白羽ゆりさん(福島市出身)が地元で初共演しオペラ、ミュージカル、映画音楽を披露した。
 奥村伸樹さん(仙台市出身)率いるオーケストラプレゼンター東京の生演奏に乗せ「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(君と旅立とう)」、ミュージカル「ウエストサイド物語」の「トゥナイト」のデュエットをはじめソロやオーケストラ演奏と合わせて約20曲を届けた。
 樋口さんはミュージカル「ウエストサイド物語」の「ミ・マンケライ」、白羽さんはプッチーニ作曲のオペラ「ジャンニ・スキッキ」より「私のお父さん」に初挑戦。普段とは異なる分野の曲を見事に歌い上げた。
 「夏の思い出」でアンコールに応え聴衆と共に合唱した。
 市内から友人と訪れた中村美涼さん(17)は「憧れの白羽さんの生歌が聴けてうれしかった」と喜々とした表情を見せた。

福島民報社

最終更新:7/25(火) 10:16
福島民報