ここから本文です

ボンズ、天栄で夏合宿 体力づくりに重点

7/25(火) 9:51配信

福島民報

 国内男子プロバスケットボール・Bリーグ2部の福島ファイヤーボンズは24日、福島県天栄村の湯本体育館でチーム初となる夏合宿に入った。
 日本人選手7人が参加し、5日間の日程でシーズンを通して戦える体力を養う。村観光協会の協力を得て羽鳥湖高原のペンションに滞在し、涼しく静かな環境で練習に打ち込む。
 初日は基礎トレーニングやパス練習などに汗を流した。森山知広ヘッドコーチは「体力づくりに重点を置く。選手が寝食をともにし、チームの一体感を高めていきたい」と語った。
 25から27日までの3日間、ボンズは湯本体育館で練習を公開している。時間は午後2時から3時まで。

福島民報社

最終更新:7/25(火) 10:48
福島民報