ここから本文です

夏休みが忙しい。 小学生の親たちがプランニングに奔走する理由

7/25(火) 6:10配信

BuzzFeed Japan

小学生は夏休みの真っ最中。日焼けした子どもたちが朝から晩まで公園で駆け回っているかというと、そうでもないようだ。【BuzzFeed Japan / 小林明子】

100年前の子どもたちの「夏休み日記」を読んでみた

朝はスカイプ英会話、夕方はタブレット学習

朝8時半、小学3年生のAくん(8)は、スカイプで英会話をはじめる。両親が出勤するため、小1の妹(6)とともに弁当をもって学童保育施設へ。共働きなどで保護者が家庭にいない子どもを預かる自治体の事業だ。ここで夕方まで過ごす。

自宅に戻ったら、午後5時半からタブレット学習。その後、ピアノの訪問レッスンなどを受ける。毎日の予定は朝、母親が書き置く紙が頼りだ。

Aくんの母親(39)は会社員。共働きで昼間は大人が自宅にいないため、夏休みの過ごしかたに毎年、頭を悩ませている。Aくんと妹の下に、保育園児の妹(2)もいるので、3人の予定を把握し、保育園や習い事の送迎をするのは一苦労だ。

「複数のスケジュールをパズルのように組み合わせなければならないので、早め早めの情報収集が必須です」

プログラミング教室、サマーキャンプ、子どもだけで実家に帰省するなど、子どもたちの夏休みの予定を5月から立てはじめた。人気のサマーキャンプはすぐに定員が埋まってしまうし、家族旅行の予約も早めに押さえたい。母親が教育系、父親が旅行系と、夫婦で分担して情報を集めた。

「基本的には学童保育にお世話になりますが、毎日長時間を過ごすのは、子どもたちが閉塞感を感じないかと少し心配です。長い休暇をただ漫然と過ごすのではなく、成長や学びの機会、興味や関心が生まれる機会にしたい」

一人で過ごさせないために

子どもの生活を豊かにさせようと夏休みの計画に追われている親たちを尻目に、「何もしない計画」を立てたとFacebookに投稿した母親が、共感を集めているという。

キャンプもお教室もカリキュラムもない。午前11時までパジャマでゴロゴロし、思いつきでブラウニーを焼いたりアートをしたりプールに行ったりーーできるものなら、そうしたい!

でも、仕事に行かなければならない親もいるのだ。

<夏休みは危険がいっぱい!? 子供の非行・被害を防ぐために>。政府はこんな情報を出して、夏休みのリスクを親に伝えてくる。「ささいなきっかけで犯罪の被害に遭わないよう、大人は何をすべきか」と。小学校の先生も、保護者会や個人面談で、夏休み中の注意を口すっぱく念押ししてくる。

子ども一人で留守番させるのは心配だし、友達と遊ばせるにも、同じように共働きだと親不在の家に行かせるわけにもいかない。

すき間なく予定を詰めるのは、子どもを一人にさせる時間をなるべく減らしたいという、切実な思いからでもある。

1/3ページ

最終更新:7/25(火) 6:10
BuzzFeed Japan