ここから本文です

スペースX宇宙船は2018年2月に無人飛行、6月に有人飛行 同年にはボーイング製も NASAが計画公開

7/25(火) 14:45配信

sorae.jp

当初の計画から遅れ、2018年以降に開始が予定されているスペースXとボーイングによる商業乗員輸送プログラム(CCP)。民間企業が開発した宇宙船でISSへと宇宙飛行士を輸送する夢のある計画ですが、NASAは現時点での最新スケジュールを公開しました。
 
2017年7月20日に公開された資料によると、まずスペースXの宇宙船「ドラゴン2(有人版ドラゴン)」は無人打ち上げを2018年2月に、そして有人打ち上げを2018年6月に予定しています。一方、ボーイングの宇宙船「CST-100 スターライナー」は無人打ち上げを2018年6月に、有人打ち上げを2018年8月に行うそうです。
 
現在は「CCtCap」の契約のもと進められている宇宙船開発ですが、もともとの計画では2017年末までに宇宙船のテストフライトを終え、宇宙飛行士輸送のための各種証明も取得しているはずでした。ただし国際宇宙ステーション(ISS)のプログラムマネージャーは「計画は大きく進展している」と語るなど、現在の状況はそう悪いものではないようです。
 
スペースXは先日、ドラゴン2の計画変更を発表し、エンジン噴出を利用した着陸技術「Propulsive Landing」の利用中止を示唆しました。現時点では、ドラゴン2はパラシュートで「柔らかい面(水上)」へと着陸する予定です。今後両社の宇宙船に初めて乗ることになる宇宙飛行士の選定など、ますます計画への注目は高まることでしょう。

最終更新:7/25(火) 14:45
sorae.jp