ここから本文です

家入レオが選んだ、「夏の変わりゆく心模様」にぴったりな3曲とは?

7/25(火) 11:30配信

TOKYO FM+

7月26 日に、テレビドラマ「愛してたって、秘密はある。」の主題歌「ずっと、ふたりで」を発売する家入レオさんが、TOKYO FMの番組に出演。ちょっと意外な「こころが夏色になるプレイリスト」3曲を紹介してくれました。


アーティストやクリエイターが普段どんな曲をどんなときに聴いているのか、覗き聴きしていく「LISTEN! MY PLAYLIST」のコーナー。デビュー5周年を迎えた家入レオさんが選んでくれたのは、「こころが夏色になるプレイリスト」。夏はテンションも上がるけど、夕暮れどきなどにちょっと切なくなる、そんな夏の変わりゆく心模様にぴったりな3曲を紹介してくれました。

◆「ひと夏の経験」(山口百恵)
「最初に聴いたとき、歌い出しで心をつかまれました。あの声で歌われたら、ドキッとするじゃないですか。大切なものって何なんだ?って想像が膨らみます。夏、これからどんなことが起こるのかしらとワクワクドキドキする感じがアレンジにすごく表れていて、大好きな曲です」

◆「Squall」(福山雅治)
「夏って恋が始まりやすいですが、夕暮れとかにふいに寂しくなる瞬間ってありますよね。『今あの人、何してるのかな』とか思ったり。恋だけじゃなくて、友達とか家族とかもそうだし、ひとりぼっちで帰ってるときとか、キュンとくることがあります。そういうときに、この曲が寄りそってくれる。自分だけじゃないと思わせてくれる、福山マジックというモノがあると思います」

◆「圭子の夢は夜ひらく」(藤圭子)
「ダークな曲ですが、夏のじめじめした眠れない夜とかに聴くと、ズドーンと一緒に引っ張られるんです。どこまでも一緒に落ちていくという曲ってなかなかないと思う。どうしても辛いことって、みんなあると思うんですが、そういうときに、この曲を聴いてくれると良いのかなと思います」

家入レオさんは、今年デビュー5周年。13枚目のシングル「ずっと、ふたりで」が7月26日にリリースされます。同日には、初の日本武道館公演の模様を収録したライブ映像作品「5th Anniversary Live at 日本武道館」も発売。9月からは、東京・名古屋(愛知)・大阪で5周年ライブも開催決定! 詳しくは、家入レオさんのオフィシャルサイトをご覧ください。

(TOKYO FM/FM OH! の音楽ワイド番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「LISTEN! MY PLAYLIST」7月24日放送より)

最終更新:7/25(火) 11:30
TOKYO FM+