ここから本文です

長澤まさみ、水着姿で激しく踊る PVを手掛けた監督は柿本ケンサク氏

7/25(火) 7:08配信

MusicVoice

 女優の長澤まさみ(30)がスイムウェア姿で激しく踊り狂う動画が先日、注目を集めた。監督を務めたのは、多くのミュージシャンの音楽ビデオなどを手掛ける柿本ケンサク氏だ。なぜ、柿本氏を起用したのか、なぜMV仕立てにしたのか。

【写真】長澤まさみ美ボディ、開放的に

 スポーツブランド「UNDER ARMOUR」の新PVに出演。銭湯で踊り狂うインパクトの強い映像に仕上がっているが、手掛けたのは音楽ビデオなど数々の実績を持つ柿本ケンサク氏だ。

 「UNDER ARMOUR」のアドバイザリーパートナーである長澤。同社は「日本の女性に、スポーツの素晴らしさや、 健康的な身体づくりの必要性を伝えていきたい」という思いを共有していたことから、長澤とのアドバイザリー契約に至ったことを伝える。

 その第一弾PVは今年3月に公開され、長澤の前向きに努力を続ける姿勢、気高く、強い意志を秘めた姿に多くの共感を呼び、反響を集めた。

 そしてこのほど、その第二弾となるPVが公開された。舞台は銭湯。銭湯で寛いでいる長澤が突然キレキレの不思議なダンスを踊り始め、湯船に飛び込む。映像の冒頭から長澤は激しく動き出し、脱衣所や風呂場、湯船のなかで激しく踊る。

 ここでは美ボディも惜しみなく披露。更には白目をむいた表情ものぞかせるなど、“狂気”を感じさせる映像に仕上がっている。

監督は多くのMVを手掛ける柿本ケンサク氏

 この異色のPVを撮影したのは、数々の映像に関するアウォーズで受賞歴を持つ柿本ケンサク氏。音楽ビデオの実績も多く、なぜ柿本氏を起用したのか広報担当者に問い合わせたところ、詳細についての回答は得られなかった。

 ただ、柿本氏はMr. Childrenや桑田佳祐、RADWIMPS、平井堅、斉藤和義などのミュージックビデオを手掛けている。使用した楽曲は「SET YOU FREE」。疾走感のあるビートが映像の激しさにリンクしており、柿本氏のインスピレーションや女優・長澤の魅力が存分に詰まった作品と言えそうだ。

 また、振付を担当したのは、LAを拠点に活動する振付のRyan Heffington氏。ライアン・ハフィントン氏をアサインし、コンテンポラリーな内容にSIAの音楽ビデオをはじめ、カンヌを受賞したKENZOのPVを手がけるなど、今世界的に注目されている。

 同氏の起用理由やなぜMV仕立てにしたのか、という件についても同様に問い合わせをおこなったものの詳細な回答は得られなかった。しかし、柿本氏をはじめ、Heffington氏ら豪華制作陣が参加したことで音楽的な観点からも刺激のある、インパクトのあるPVが仕上がったといえる。【武田雄樹】

最終更新:7/25(火) 17:47
MusicVoice