ここから本文です

<高校野球>浦和学院、4年ぶり意地の進出 攻守光る秋山、勝利導く

7/25(火) 6:30配信

埼玉新聞

 (24日・第99回全国高校野球選手権埼玉大会 準決勝)

 浦和学院が春日部共栄に九回サヨナラ勝ちした。

高校野球2017 Photoギャラリー

 2-2の九回、蛭間の右前打を皮切りに、2死二塁とすると本田が二塁への内野安打を放って激闘に終止符を打った。投げては先発の清水が5回2安打無失点と試合をつくり、3番手佐野が締めた。

 春日部共栄は相手を上回る7安打を放ったものの、七回に追い付いた直後の1死一、二塁で押し切れず。一、三回のバントミスも痛かった。

春日部共栄
000000200|2
010010001X|3
浦和学院

■秋山、頼もしい扇の要 攻守に奮闘

 秋山が攻守で見せ場をつくり、チームを決勝へ導いた。森監督は「いつもは捕手として引っ張ってくれるけど、攻撃でも良い役割をしてくれた」と背番号2の奮闘ぶりを褒めた。

 まずは打撃で魅せた。先制点が欲しい二回。2死走者なしから、「普段は場面に合わせて打つけど、今日は何も考えないようにした」とチェンジアップを強振した。打球は左翼スタンドに突き刺さるソロ本塁打となり、「早くに点を取れて良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 捕手としても3投手を巧みにリードした。

 七回は3番手佐野のスライダーを後ろにそらし(記録は暴投)、同点とされたが、気持ちを切り替え、その後の2人はいずれも三振に切って取り「ここで抑えられたのが鍵だった」と振り返った。

 空いている時間があれば、打撃練習を削ってでも「自分が受け止めなければ勝てない」と捕手練習に力を注ぐ。新チーム結成当初は佐野の一級品のスライダーを止めることができず、試合を落とすこともあったが「当時と比べて捕れるようになった」と成長を実感。決勝でも頼もしい扇の要に注目だ。

最終更新:7/25(火) 15:30
埼玉新聞