ここから本文です

「ラジオ」は、何を使って聴いていますか?

7/25(火) 12:30配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。7月24日の「社会人意識調査」のテーマは「『ラジオ』は、何を使って聴いていますか?」。はたして、その結果は……?

Q.ラジオは何を使って聴いていますか?

ラジオ機器 46.7%
スマホ   46%
パソコン  7.3%
(回答数:398票)

◆「ラジオ機器」派の意見
「据え置きのラジオで流しながら、みんなで聴いています~!」
(東京都 25歳 女性 会社員)

「仕事中、会社のクルマで聴いています。お陰さまで遅くなっても苦のない残業になっています」
(東京都 27歳 男性 会社員)

◆「スマホ」派の意見
「職場にラジオがないため、別室でスマホでこっそり聴いてます」
(東京都 26歳 女性 会社員)

「radikoプレミアム会員です。いつでもどこでも聴けるスマホは最強だと思います!」
(大分県 25歳 男性 医療ソーシャルワーカー)

◆「パソコン」派の意見
「会社のパソコンで聴いています! 静かな社内なので、ラジオのおかげで明るい雰囲気になりますし、お腹が鳴った音とかがかき消されるので助かっています(笑)」
(東京都 23歳 女性 会社員)

「仕事で朝から晩までパソコン作業なので、イヤホンをして聴いています!」
(東京都 31歳 女性 自営業)

番組リスナーの投票による結果は「ラジオ機器」が46.7%、「スマホ」が46%とほぼ同率で並び、「パソコン」はわずか7.3%となりました。番組に寄せられた意見を見てみると、radikoのタイムフリーやエリアフリーを駆使してラジオを聴いている人が意外にも多くいました。

【若者はスマホでラジオ派】
男女別で見てみると、男性では「ラジオ機器」が47.5%、「スマホ」が46.7%、「パソコン」が5.8%、女性では「ラジオ機器」が45.6%、「スマホ」が44.9%、「パソコン」が9.5%と、おおむね同じ割合ですが、パソコンの割合で大きく差が出ています。また、世代別では、「スマホ」と答えた人の割合が、10代では57.1%、20代では53%、30代では52.2%と、30代以下の比較的若年層で「スマホ」が過半数となり、スマホでラジオを聴く若者が多いことがわかりました。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年7月24日放送より)

最終更新:7/25(火) 12:30
TOKYO FM+